HOME > プレスリリース

プレスリリース


2015年10月02日
株式会社ビデオリサーチインタラクティブ

初のオンライン調査を導入した国勢調査、
調査期間の関連PCサイトの推定訪問者数は、「Yahoo! JAPAN」「Google」に次ぐ規模に。


インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:遠藤 敏之<えんどう としゆき>)は、今回から初めてオンライン調査が導入された「国勢調査」関連のPCサイトのアクセス状況についてまとめました。


<結果の主なポイント>

●国勢調査関連サイトの9月1日以降の推定訪問者数の推移をみると、オンライン調査初日の9月10日では110.9万人と、前日の13.8万人から急激に訪問者数が増加しているのがわかる。その後、12日(土)に181.0万人、翌13日(日)には225.3万人と、オンライン調査期間中のピークを迎えている。オンライン調査期間の国勢調査関連サイトの推定訪問者数(重複を除く)は1,221.3万人、接触者率は35.7%を示す。このスコアは、当該期間でみると「Yahoo! JAPAN(yahoo.co.jp)」「Google(google.co.jp)」に次ぐ規模になっている。


●オンライン調査期間の国勢調査関連サイトの接触者率を性別でみると、男性40.5%:女性29.2%と、男性の方が高くなっている。性・年齢別では、男女とも共通して年齢が上の層ほど接触者率が高い傾向にある。居住エリア別でみると、総務省が発表した都道府県別インターネット回答率(想定)をもとにしたエリア別集計と同様に、東海エリアが40.0%と最も高い結果になった。


●同期間における国勢調査関連サイトの時間帯別訪問状況をみると、特に10-11時台と19-21時台で活発だったことが見受けられる。


注) 今回の国勢調査では、紙での調査に先行して、2015年9月10日から20日にかけてオンライン調査を実施し、総務省より1,900万件超のインターネット回答(うちスマートフォンからが約660万件)があった、との発表がありました。
当社の本リリースは、当社インターネット視聴率データをもとにした “自宅内PC”による“個人”の“国勢調査関連サイト”のアクセス状況の推定値であり、全体の国勢調査インターネット回答をあらわすものではないことをご留意ください。



【図表1】国勢調査関連サイトの日別推定訪問者数 推移 (2015年9月1日〜20日)



【図表2】性・年齢別/居住エリア別 国勢調査関連サイト接触者率 (2015年9月10日〜20日)



【図表3】国勢調査関連サイトの時間帯別訪問状況(2015年9月10日〜20日)



− 集計対象サイト −

・国勢調査オンライン(http://www.e-kokusei.go.jp/

・国勢調査2015 キャンペーンサイト(http://kokusei2015.stat.go.jp/


<株式会社ビデオリサーチインタラクティブ>

 ビデオリサーチインタラクティブはインターネットオーディエンス測定事業、インターネット広告の第三者配信事業、広告統計事業、広告効果測定事業を中核に調査事業全般を展開しております。
インターネットオーディエンス測定事業の中心は「Web Report」というインターネットオーディエンスデータの提供です。日本のテレビ視聴率を提供しているビデオリサーチのノウハウを継承し、日本のインターネット利用動向情報を2000年からご提供しております。



■本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先

株式会社ビデオリサーチインタラクティブ ビジネスデベロップメント本部
電話:03-5226-3283 FAX:03-5226-3289 メールアドレス:

〒102-0075 東京都千代田区三番町6-17 URL:http://www.videoi.co.jp/



PAGE TOP