HOME > プレスリリース

プレスリリース


2016年10月13日
株式会社ビデオリサーチインタラクティブ

ハイエンドモデルのVRヘッドマウントディスプレイ
今後1年以内の購入意向率は15.7%


インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:遠藤 敏之<えんどう としゆき>)は、スマートフォンユーザーやタブレットユーザーにおけるアプリや専用サイトなどのサービスの利用状況を把握する調査レポート「スマコン(SmartDevice Contents Report)vol.11」を2016年10月末にリリースするにあたり、スマートデバイスユーザーを抽出するための予備調査より、VR(バーチャルリアリティ)の浸透度やVRヘッドマウントディスプレイの受容性に関する結果をまとめました。


<結果の主なポイント>

●詳細情報を与えない状態で“VR(バーチャルリアリティ)”に対する内容理解度を聞くと、全体の8.8%が「内容まで詳しく知っている」と回答し、「内容を少しは知っている」を含めた内容理解率は36.8%を示す。
さらに「言葉を知っている程度」までを含めた認知率は66.6%に達する。一方、『ポケモンGO』の登場により露出が増えた “AR(拡張現実)”や手軽に楽しめるVRコンテンツである“360度動画”については、それぞれ40%弱の認知率であり、内容理解率は“VR”の半分程度になっている。 (図表1)


●“VR”についての説明文、ならびにVRヘッドマウントディスプレイの概要(ハイエンドモデルとエントリーモデルそれぞれについて *おおまかな価格帯も含む)を提示の上、VRヘッドマウントディスプレイの関心度を聞くと、全体の7.2%が「非常に関心がある」と回答し、「やや関心がある」を含めた関心度は25.1%と、4人に1人の割合。逆に「全く関心がない」「あまり関心はない」とする無関心層の割合は、55.2%と過半数を示す。 (図表2)
これを、“VR”の内容理解度別でみると、より深く“VR”を理解している層ほど関心度が高い傾向になっていることがわかる。 (図表3)


●続いて、「Oculus Rift」「PlayStation VR」「HTC Vive」などのハイエンドモデルと、「Googleカードボード」「ハコスコ」などのエントリーモデルのそれぞれについて今後1年以内の購入意向を聞くと、「ぜひ購入したい」「購入してもいい」とする購入意向率は、ハイエンドモデルが全体の15.7%を示し、エントリーモデルの12.8%を上回る結果になった。ただし、両モデルとも「購入したいとは思わない」が過半数を占めている。 (図表4)
これら両モデルいずれか(≒VRヘッドマウントディスプレイ)の購入意向率は17.4%であり、これを性別でみると、男性(24.4%)の方が女性(10.6%)よりも高くなっている。年代別では、男女とも若年層ほど購入意向率は高い傾向にあり、特に男性15〜19才では47.0%に至る。また、“VR”の内容理解度別でみると、深く理解している層ほど購入意向率は高く、さらにVRヘッドマウントディスプレイ関心者では55.3%と過半数が購入意向を示している。 (図表5)


●これらの結果から、VRヘッドマウントディスプレイの需要喚起には、VRヘッドマウントディスプレイに対する興味関心の醸成が有効であり、そのためには生活者への広く深い“VR”に関する理解・浸透が求められることがわかった。なお、今回の調査では言及していないが、魅力あるVRコンテンツの充実も、重要なファクターであろう。




【図表1】“VR”“AR”“360度動画”の浸透状況(全体)



【図表2】VRヘッドマウントディスプレイの関心度(全体)



【図表3】VR内容理解度別 VRヘッドマウントディスプレイの関心度



【図表4】VRヘッドマウントディスプレイの今後1年以内の購入意向(全体)



【図表5】属性別 VRヘッドマウントディスプレイの今後1年以内の購入意向率



■「スマコン(SmartDevice Contents Report) vol.11」予備調査の概要

調査エリア 日本全国
調査対象者 15〜69歳のPCインターネットユーザー 20,765サンプル
対象者構成 総務省「平成27年通信利用動向調査」より、
最近1年間のインターネット利用経験者構成割合に準じる
調査方法 Web調査
調査時期 2016年9月17日(土)〜9月19日(月)

■「スマコン(Smart Device Contents Report)vol.11」本調査の概要

調査エリア 日本全国
調査対象者 15〜69歳の
・スマートフォン所有者 4,735サンプル
・タブレット所有者 1,500サンプル
計5,000サンプル(重複回答者1,235サンプル)
対象者構成 予備調査におけるスマートフォンもしくはタブレット所有者
(本調査非協力者は除く)
調査対象サービス数 各159サービス
調査方法 Web調査
調査期間 2016年9月17日(土)〜9月19日(月)



<株式会社ビデオリサーチインタラクティブ>

 ビデオリサーチインタラクティブはインターネットオーディエンス測定事業、インターネット広告の第三者配信事業、広告統計事業、広告効果測定事業を中核に調査事業全般を展開しております。
インターネットオーディエンス測定事業の中心は「Web Report」というインターネットオーディエンスデータの提供です。日本のテレビ視聴率を提供しているビデオリサーチのノウハウを継承し、日本のインターネット利用動向情報を2000年からご提供しております。



■本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先

株式会社ビデオリサーチインタラクティブ ビジネスデベロップメント本部
電話:03-5226-3283 FAX:03-5226-3289 メールアドレス:

〒102-0075 東京都千代田区三番町6-17 URL:http://www.videoi.co.jp/



PAGE TOP