HOME > インターネット広告効果測定 >  Interactive Tracker

Interactive Tracker

インターネット広告効果とサイトアクセス状況を一元的に管理するASPサービス ※DART(第三者配信)のプラットフォームか One Report(疑似的第三者配信)のプラットフォームをご選択いただきます
  • インターネット広告の第三者配信もしくは疑似的第三者配信(*)を実施することにより、広告の直接効果だけではなく、間接効果(ポストインプレッション効果)も把握可能。

  •             
  • One Reportでは、Yahoo! JAPAN出稿広告も含めたキャンペーン全体での広告効果の把握が可能になります。

  • Webサイトアクセス状況は、サイト訪問者をクリック訪問者/非クリック訪問者/広告非接触者に分解して、各種指標を集計可能。

  • ご利用期間は、年間でのご契約でなくても、キャンペーン期間+αなど、フレキシブルに対応。

  •  
        

*疑似的第三者配信:クリエイティブの配信自体は行わず、媒体社様のクリエイティブ配信と同期をしてOne Report専用Beaconを媒体社側で配信していただくことで、広告配信時と同等のデータを取得することが可能となります

利用シーン

活用事例

ポストクリックプラン

インターネット広告のクリック数、クリックしたユーザーのクライアントサイト内での行動を計測できます。媒体社から報告されるクリック数からではわからない、最終的なゴールページへの到達率を計測し、より効果的な広告メニューの選定に役立ちます。

第三者配信および疑似的第三者配信プラン

第三者配信では、インターネット広告の配信から計測までを一元化して実施することができます。疑似的第三者配信では、クリエイティブの配信自体はできませんが、媒体社様のクリエイティブ配信と同期をしてOne Report専用Beaconを媒体社様側で配信していただくことで、広告配信時と同等のデータを取得することができます。両手法とも広告をクリックしたユーザー(ポストクリック効果)だけでなく、広告を見たもののクリックはしなかったユーザー(ポストインプレッション効果)のクライアントサイトへの訪問も計測可能です。

※第三者配信とは:クライアント、媒体社様以外の「第三者」が広告の配信を行うサービス

                

※疑似的第三者配信とは:クリエイティブの配信自体は行わず、媒体社様のクリエイティブ配信と同期をしてOne Report専用Beaconを媒体社側で配信していただくことで、広告配信時と同等のデータを取得するサービス

第三者配信および疑似的第三者配信プランのメリット

配信のユニークユーザー数がわかる

媒体社によってはユニークユーザー数を報告しない場合がございます。第三者配信および疑似的第三者配信プランでは、ユニークユーザー数、フリークエンシーも計測可能です。

複数のメディアを同じ指標で計測できる

報告される指標は媒体社によって様々。本サービスでは、1つのサーバで配信から計測までを行うので、共通条件のもと比較できます。


第三者配信:海外媒体も国内で対応可能

海外の媒体社に広告を配信される場合も、弊社への連絡のみで配信可能です。

特別分析レポートにも対応

ASPでご確認いただける指標のほかにも、取得したデータから詳細レポートを作成することも可能です。(※別途費用が必要となります)


フルパッケージプラン

広告第三者配信もしくは疑似的第三者配信とサイトアクセス計測を実施した場合、サイト訪問者全体/広告接触者全体/クリック訪問者/広告接触者(非クリック)/広告非接触者別にWebサイト内の行動を把握することができます。

「Interactive Tracker」提供メニュー

(1)広告効果分析
インターネット広告第三者配信もしくは疑似的第三者配信を実施した場合、キャンペーン全体だけではなく、出稿した媒体社や広告メニュー、クリエイティブごとに、広告配信数/到達したユニークユーザー数/フリークエンシー数/クリック数/クリックユーザー数/クリックスルーレート(CTR)/コストパーアクション(CPA)が計測できます。
第三者配信を実施しない場合でも、クリック数やクリックユーザー数が捕捉できる『ポストクリックプラン』もご用意しています。
※以下、インターネット広告第三者配信もしくは疑似的第三者配信を実施することにより、(2)〜(5)の各分析において「クリック訪問者」「非クリック訪問者」「広告非接触者」別にスコアを確認できます。
『ポストクリックプラン』の場合は、「クリック訪問者」と「非クリック訪問者」別になります。

(2)サイトアクセス分析
キャンペーン期間全体および任意の日/週/月別にて、Webサイト全体・カテゴリ単位・ページ単位といった集計単位ごとのセッション回数/ページビュー数/ユニークユーザー数/平均滞在時間分布/閲覧ページ数分布を集計します。

(3)ナビゲーション分析
キャンペーン期間全体および任意の日/週/月別にて、集計単位ごとの直帰率や離脱率を確認、また参照元(リファラ)データより、流入元を表示します。

(4)キーワード分析
キャンペーン期間全体および任意の日/週/月別にて、Webサイト訪問者が「どのサーチエンジンを利用して訪問したのか」「どんなキーワード/フレーズを検索して訪問したのか」をランキング形式で表示します。

(5)ゴールページ分析
資料請求ページなどをゴールページと設定することで、ゴールページ到達者の流入元(広告、外部/内部サイト、キーワードなど)が確認できます。また、ゴールページ到達までにかかった時間や離脱率も確認可能です。

お問い合わせ・お申し込み

サービスのお申込みやご質問、ご利用料金などについては、こちらからお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP
  • サービス
  • プレスリリース
  • データアーカイブ
  • 会社情報
  • インターネット視聴率とは?
  • 用語集
  • ご契約に関して
  • お問い合わせ・お申し込み


PAGE TOP